FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
読書
さて、久しぶりのブログアップです。

今日は、最近私が読んで面白かった(興味深かった)書籍のご紹介です。

全部で3冊有ります。

1 戦後史の正体 1945-2012
  
  著者 孫崎 享
  
  出版 創元社


2 日中韓2000年の真実 

~なぜ歴史のウソがまかり通るのか~
  
  著者 拳骨 拓史
   
  出版 扶桑社新書


3 南京事件の探求 その実像を求めて
  
  著者 北村 稔
  
  出版 文春新書 


どの本も、きちんと歴史検証されており、中国や韓国(日本でも、朝日新聞,NHK,日教組,共産党もそうです)が

なんの裏付けもなく「反日」「毀日」「貶日」で無理やり捻じ曲げようとする歴史とは違います。

かなり読み応えは有りますが、納得させら,考えさせられる著書です。

ご興味がある方は是非読んでみてください!

*って言うか、是非読んで頂きたい本です。

 ↓この一冊も良い本ですよ。

 「日本人の誇り」 著者 藤原正彦 出版 文藝春秋
スポンサーサイト
【2012/09/06 18:25 】 | 未分類 | コメント(0)
<<税務調査 | ホーム | 青井神社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。