FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
新年
明けましておめでとうございます。

本年も、宜しくお願いいたします。

さて、平成22年の第1回目ですが、年末に税制改正大綱が決定されましたので、その中身について。

少しづつアップしていきますが、とりあえず2つほど。


1 「特殊支配同族会社の業務主催役員給与損金不算
  入制度」の廃止


どんな制度かというと、(名称が長くてややこしいですね)
  
「代表者の役員報酬」+「会社の利益」≧1,600万円になると

   代表者の役員報酬のうち、「給与所得控除額部分が経費にならない」という制度です。

具体的には、

   会社の利益 200万円 代表者の役員報酬2,000万円 法人税率40%とすると

役員報酬のうち、270万円が経費にならないので、法人税が通常80万円→188万円(108万円増える)

というとんでもない制度でした。


この制度が、平成22年4月1日以後に終了する事業年度から適用がなくなりました。

*但し、抜本的改正を行うとありましたので、「給与所得控除額」が大幅に縮小される等の改正がありそうです。
 
 報酬の高い方には増税が待っていそうです。


2 「住宅取得資金の贈与税非課税」

簡略すると、子供が家を買う時に親からお金をもらっても贈与税がかからない制度です。

平成22年は 1,500万円  平成23年は 1,000万円  *別に通常の贈与税がかからない110万円分の枠もあります。

まで、もらっても税金はかかりません。(申告は必要となります)

色々と細かいところは省いていますが、大雑把にはこんな感じです。


民主党に代わって、税制も大きく変わりそうです。

*よくなるのか、悪くなるのかは今のところ不明ですが...。


今年は食べ物&遊びだけではなく、税法&経済他お役に立つ情報もアップしていきますので、お付き合いのほど、宜しくお願いいたします。







スポンサーサイト
【2010/01/06 11:14 】 | 未分類 | コメント(0)
<<戎っさん | ホーム | 年末のご挨拶>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。