スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
今回も
 ちょっと硬めです。

先日、与謝野大臣が「消費税率10%に引き上げ」を提言されていました。今の経済状態で、正気の沙汰とは思えないです。(5%→10%って今のですよ倍!!10%って言葉に騙されてはいけません)

消費税が10%になったからといって、その分を転化できない方たちは多くいるはずです。

例えば
・大企業の関連会社(その分、納品単価や外注単価を引き下げられる)
・小売スーパー
・飲食店(私の好きなShotBarやお寿司,イタリアン,焼き鳥,etc)
結局お金の流れが悪くなり、庶民の財布のひもも思いっきり締まって、より景気が悪くなるって感じでしょうか。

じゃあどうすれば???
私が考える「いま必要なこと」ってこんなことじゃないんでしょうか。

1 特殊法人の廃止
各省庁のOBが天下りして、「い~っぱい役員報酬を貰い、仕事は省庁からやってきて、それを業者に丸投げしているだけ」のぶら下がっている外郭団体(地方への出先も含む)をなくしていけば税金の無駄使いは確実になくなります。
現状の日本は公務員天国で、あまりにも無駄使いが多すぎます。

2 医療と社会保障の充実
将来が安心であって初めて財布のひもは緩みます。アメリカのように、お金持ちだけが十分な医療を受けることができる社会では、誰もが不安でお金を使うことができません。(年金等も同じです)みんながお金を使わないと、国内消費は伸びません。であれば、企業も困りますよね。

3 公務員(国家,地方とも)給与の削減
10%~30%(役職が上の偉い人ほど多くカ~~ット)の削減があってもいいのでは?仕事の成果に対して(どんなにひどい失敗でも)責任を負わないのですから当然でしょう。
また、財政再建,財政再建というのであれば、日本は赤字会社。赤字会社の社員であれば給与カットは言わずもがな。

*日本の債務は800兆円とか言われてますが、純債務は300兆円くらいで、国が持っている財産もい~~~ぱっいあるみたいですよ。本当は

なんか「財政再建」「社会保障の充実」って言えば無条件で消費税増税が許されると思ってませんか?

安定した社会は、中流層(いまや懐かしい響きですね)を厚くして実現できるのではないでしょうか?「勝ち組」「負け組」ってあまりいい言葉だとは思えません。
スポンサーサイト
【2008/09/13 14:47 】 | 経済 | コメント(0)
<<今回は楽しく | ホーム | はじめまして>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。